【最新版】効果で選ぶ薬用育毛剤ランキング研究所

HOME > 薬用育毛剤について > 効果のある成分が含まれる薬用育毛剤

効果のある成分が含まれる薬用育毛剤

インターネット通販やお店など、たくさんの薄毛治療薬が販売されています。
中でも薬用育毛剤は効果が高くなっていて、薄毛の原因に作用する成分が含まれています。
男性の薄毛は男性型脱毛症と言われており、テストステロンと5aリダクターゼがDHTになり発症します。
ですからこの3つの原因を抑える事が大事で、抑えるための有効成分が育毛剤には入っていないといけません。
まず5aリダクターゼはオウゴンエキスや、キャピシキルそしてヒオウギエキスに効果があります。
また頭皮環境を整えるという薬用育毛剤も多く、保湿や抗菌抗炎症作用の成分入りが多いのも特徴です。
ですからセンブリエキスや階層エキスで保湿をし、グリチルリチン酸やどくだみエキスで殺菌抗菌をします。
他にも血行を促進するのもポイントで、酵母エキスやニンジンエキスなどが入っています。



薬用育毛剤の効果の出方や見極め方

高い金額を出して買った薬用育毛剤ですが、期待していたのに効果がない場合があります。
その場合にはまた違う育毛剤を買うべきか、違う治療法に切り替えるか悩んだりします。
そこでまずは育毛剤はどれくらいで効果が出始めるか、どんなサイクルで効き始めるか知っておかないといけません。
薬用育毛剤は6ヶ月くらいから効果が出るといわれ、ヘアサイクルの成長期や退行期そして休止期が続きます。
また薬用育毛剤の見極め方ですが、頭皮のふけやかゆみがなくなってきた場合、そのまま育毛剤を使い続けるのがおすすめです。
頭皮環境が改善されている症状になるので、ふけやかゆみが減っていれば効果が出ている証拠です。
また青白い頭皮になってきたり、頭皮の皮脂が少なくなるのも持続すべきです。
ですからとりあえず半年を目安に確認する事、効果が出ないときは違う判断をしなくてはなりません。



頭皮に浸透するように使う薬用育毛剤

お肌のケアをするときには、化粧水や乳液そして美容液を使います。
いかにお肌に浸透させるかが大事で、ただ塗っているだけでは美肌にはなりません。
それと同じことが言えるのが薬用育毛剤で、薄毛の治療薬である育毛剤も浸透力が大事です。
まず浸透力が高いといわれる育毛剤がおすすめで、育毛剤には細かい粒子になっているナノ成分配合があります。
毛穴の奥まで届き毛母細胞や毛乳頭まで浸透するので、しっかりと有効成分を贈る事ができるのがメリットです。
また浸透力の高い育毛剤選びをしたら、次にするのが育毛剤を使うタイミングが大事になります。
一番よいのがシャンプーをした後に使うのがよく、毛穴に詰まった皮脂や汚れがない状態になるからです。
シャンプーをするときは髪を洗うのではなく、頭皮を優しく洗うというのがコツです。
また湯船で体を温めたり、血行促進マッサージもすることが大事になります。

次の記事へ