【最新版】効果で選ぶ薬用育毛剤ランキング研究所

HOME > 薬用育毛剤について > 医薬品と医薬部外品の違いは?

医薬品と医薬部外品の違いは?

育毛剤を選ぶ際に多くの方が悩みがちなのが、「医薬品」「医薬部外品」「薬用育毛剤」などの分類があることでしょう。
これらは薬機法(医薬品医療機器等法)により分類が定められ、どこに属するかによって効能や販売方法が変わってきます。医薬品からは効果が高そうなイメージを受ける方が多いでしょう。では、医薬部外品と薬用育毛剤はどちらが効果として優れているのでしょうか。これからそれぞれの違いを説明していきます。

まず医薬品は、病気の治療や予防を目的とする効果を持ち、厚生労働省により認定を受けた育毛剤です。育毛剤のうち医薬品に分類されるものは、毛を生やす強い効果が認められるもので、発毛剤と呼ぶことができます。なお、医薬品の中にも分類があり、医師しか処方できない医療用医薬品と、薬局でも販売できる一般用医薬品があります。さらに一般用医薬品は、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品と分類されます。この分類基準となっているのが、副作用のリスクの高さです。最もリスクの高い第一類医薬品は薬剤師が販売することが義務付けられていますが、第二類医薬品と第三類医薬品は登録販売者でも販売を行うことができます。
第一類医薬品の育毛剤は副作用のリスクを伴う分高い効果が期待でき、価格も高くなります。次に医薬部外品は、厚生労働省が許可した効用のある成分が配合されてはいるものの、病気の予防のみを目的とした商品です。脱毛予防や毛の保護、成長促進が主な効果で、医薬品の育毛剤のような毛の生える効果が認められているわけではありません。しかし、副作用が無いという点では安全性が高く、手に取りやすい商品と言えます。そして薬用育毛剤ですが、実は医薬部外品に属しています。なぜ医薬部外品ではなく薬用育毛剤としているのかというと、「医薬品よりも劣ったもの」というイメージを与えないようにという配慮がされています。
なお、医薬部外品に認定されない商品は「育毛剤」と表示できなくなってしまいます。これらは化粧品に分類され、養毛剤として販売されています。

上記の通り、育毛剤といっても分類によって効果が全く異なってきます。高い効果が得られる商品には副作用のリスクも伴います。
医薬品の中でもランクがありますので、ご自身で育毛剤を選ぶ際は、求めている効果とリスクのバランスを充分に考慮しましょう。
もし自分だけでは判断が難しい時は、医師や薬剤師に相談するのが確実な方法です。

次の記事へ