【最新版】効果で選ぶ薬用育毛剤ランキング研究所

HOME > 薬用育毛剤について > 用法や用量を守って使う薬用育毛剤

用法や用量を守って使う薬用育毛剤

美容や健康に効果のある商品には、必ず守らなくてはならない用法や容量があります。
薬用育毛剤にも同じことが言えますが、朝と夜に1日2回使うものがほとんどになります。
育毛剤を使うときは頭皮を綺麗にした状態で、夜のシャンプーをした後に使うのが効果的です。
しかし一つ気をつけたいのがシャンプーで、育毛剤を2回使うからとシャンプーも2回してはいけません。
これは間違った洗顔方法と同じ理由があり、必要な水分や油分まで奪い取ってしまい乾燥の原因になるためです。
またたくさん育毛剤を使えば、早く毛が生えるのではと考える人も多いです。
しかしこれも逆効果で、頭皮に副作用が出てしまう原因にもなりかねません。
薬用育毛剤には決められた用法と容量があり、メーカーでは効果が出る量をきちんと表示しています。
頭皮が成分を吸収する量には決まりがあることを理解しなくてはいけません。



薬用育毛剤を使うときの頭皮の状態

育毛剤と言うと髪の毛に効果があるとイメージしますが、髪の毛ではなく頭皮や毛穴の中の毛母細胞に効果があります。
それは髪の毛が生える為には、毛乳頭や毛母細胞が必要で栄養を与えることが大事だからです。
そんな頭皮のケアには薬用育毛剤がありますが、付ける時の頭皮の状態にも気をつけないといけません。
例えば冬など寒い季節には頭皮が冷え切っており、冷えている頭皮に付けても育毛剤は浸透してくれません。
お風呂で体や頭皮を温めたり、蒸しタオルを使って頭皮を温めて使うようにします。
また頭皮が汚れた状態で付けるのもNGで、皮脂があると育毛剤は油分ではじかれてしまいます。
また薬用育毛剤を使ってすぐにスタイリングもNGで、朝に使う時には育毛剤だけのケアにすることが大事です。
育毛剤の有効成分は3時間くらいなので、その前にスタイリング財が邪魔しては意味がありません。



養毛剤と発毛剤そして薬用育毛剤の違い

薄毛のホームケアには養毛剤や発毛剤、そして育毛剤やサプリメントなどがあります。
養毛剤や発毛剤や育毛剤は似ているので、きちんと特徴や効果を知っておかないと使っても無意味になります。
養毛剤と言うと頭皮そして毛髪のケア用品で、頭皮の環境改善や血行促進を目的にした治療薬になります。
そのためこの中でも一番効果は少なく、かなり薄毛が進行した人には向いていません。
また発毛剤は医薬品の分類になっていて、病院やドラッグストアの第一から第三類医薬品になります。
プロペシアやミノキシジルの成分で、発毛効果は高いですが副作用も大きいリスクがあります。
そして薬用育毛剤は養毛剤と発毛剤のよい所を取っており、幅広い人の薄毛治療薬として活用することができます。
頭皮の環境改善や血行促進、男性ホルモンを抑えてくれる効果が育毛につながります。

次の記事へ